読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味をさがすブログ

やりたいことを仕事にしてしまったために、休日にすることがなくて困っている人が趣味を探す記録。

《余談》料理の写真を撮っていて気付いたこと

ごはん一合です! ( ´_ゝ`)ノ チャオ!

いつもお読み頂きありがとう御座います!

 

最近すっかり料理ブログになってきているこのブログですが〜、毎日料理の写真を撮っていて気付いたことがあります。

それは、写真の見せ方でかなり料理の印象が変わるということ。

あ、ちなみにわたしはカメラマンでもなければ、グラフィックデザイナーでもないので、専門的なことは全くわかりません。 ただ、素人ながらどうしたら自分の料理が美味しく見えるだろう?、綺麗に盛り付けられるだろう?と日々悶々としながらネットを歩き回り、プロの料理研究家さん達の写真を見て勉強はしております(←けっこうマジメ

 

例えばコチラ↓↓のサイトとか、かなり勉強になりました。


こちのサイトで学んだことを実践したのが、

ぽかぽかキムチうどん

f:id:Gohang:20161025205527j:plain

手前味噌ながら、美味しそうですね!

ぐ〜っと寄せて、ホワイトバランスを高くしました。

うどんのほかほか感がよく出ています。

 

 

写真がうまく撮れると料理が楽しくなる

料理が美味しく作れたら、誰かに写メを見せてみたり、ブログにアップしたくなりますよね? でもカメラで撮ったら「あれ?おいしくなさそう、、」ってなること多いはず、実際わたしもそういうこと多いです。

例えばこの鶏肉の写真、

f:id:Gohang:20161028215556j:plain

iPhoneで撮った写真ですが、蛍光灯の光のせいでなんか白っぽくて新鮮さが感じられませんよね。

そこで撮影後にiPhoneの編集機能で明度と彩度を上げると、

 

f:id:Gohang:20161010185611j:plain

こんなに新鮮で美味しそうな鶏肉になります。

この鶏肉はこちらの記事↓↓の一枚です。

この記事の写真は全て同じように彩度と明度を高くしてあります。

 

f:id:Gohang:20161010192140j:plain

何枚も何枚も撮っていると次第にコツがつかめて来ますし、写真の見せ方のコツを覚えると、料理がますます楽しくなりますよ。 

 

 

さいごに

料理好きな人がもっと増えるといいなあ、と思いながら最近ブログを書いています。 料理は好きだけど、ブログに上げるほど自信はないっていう人も、写真の撮り方ひとつで料理の印象はガラっと変わります! うまく撮れた料理が「おいしそう」って言ってもらえるとそれが自信につながりますよ! わたしも味付け失敗すること結構ありますが、幸いブログで味は伝わりませんので(笑) 

 

 <参考ウェブサイト>

 

明日はどんなご飯つくろうかな〜?

今日もお読み頂き、

ありがとう御座いました!

 

 

ごはん一合